白髪染めの選び方

自分に合う白髪染めを選ぶにはいつくかのポイントがあります。

まず自分の髪質のチェックをしましょう。

髪の毛が細くて柔らかい人、色が薄くて明るい人、パーマをかけると長持ちする人、こういう方は白髪染めが染まりやすいです。

染まりやすいということは、白髪染めをした時に思った以上に色が明るくなる場合があります。

ですから、髪の毛を明るくしたい場合は希望通りのカラーでいいですが、暗めにしたい場合は希望の1トーンより明るめの色を選びましょう。

もし自分の髪の毛が、太くて硬い人、また髪の毛の色が黒い人、パーマがかかりにくい人は白髪染めも染まりにくいでしょう。

ですから、髪の毛を明るくしたい場合は希望より1トーン明るめにし、暗めにしたい場合は希望通りのカラーを選びましょう。

また白髪の量により色選びも変ってきます。

白髪が多く明るめにしたい場合は希望のカラーでいいですが、暗めにしたい場合は希望のカラーより1トーン暗めにしましょう。

もし白髪が少なく色を明るくしたい場合は、希望より1トーン明るめにし、暗めにしたい場合は希望のカラーでよいでしょう。

また白髪染めには色々な形状のものがあります。

もし髪の毛が長く、全体的に染めたい場合は、液体タイプやジェルタイプ、乳液タイプのものがよいでしょう。

しかし髪の毛が短い人、また部分染めにしたい場合は、クリームタイプのものがよいでしょう。

もしアレルギー体質の方であるならば、パラフェニレンジアミンやパラトルエンジアミンという成分が入っているものは避けましょう。