白髪染めの種類

白髪染めは色々な種類があります。

まず、ヘアカラータイプですが、これは髪の毛のメラニン色素を分解してキューティクルを開き、染料で染めていくという方法です。

この方法のメリットは、効果が長持ちすることです。

しかしその分、髪の毛や頭皮への負担が大きく、頻繁にこれで染めると、髪の毛がパサついたり、きしんだりします。

刺激が強いタイプの白髪染めなので、心配な方は始める前に、パッチテストを行なうようにしましょう。

次に、へアマニュキアタイプについてですが、これは髪の毛の表面を染毛します。

髪の毛の表面にあるたんぱく質を染めるという方法です。

この方法のメリットは、頭皮や髪の毛へのダメージが少ないということです。

また色も自然な色に仕上がります。

しかし、効果が短いというデメリットがあります。

シャンプーをするたびに染料が落ちていき、白髪が目立つことでしょう。

さらにカラースプレータイプのものがあります。

これは髪の毛に直接スプレーで染料を拭きかけるタイプで、簡単に出来て簡単に落とせます。

効果は半日から一日です。

またシャンプータイプの白髪染めもあります。

シャンプーの中に白髪染めの成分が配合されて、毎日シャンプーをしながら白髪が染められるという方法で、染め上がりも緩やかです。

効果が現れるまでは時間がかかりますが、自然に染められます。

以上が白髪染めの種類ですが、白髪染めは、染毛剤と染毛料とでも分けることができます。

染毛剤とは、医薬部外品で効果は長持ちしますが、髪の毛にダメージが強いタイプのもの、染毛料は化粧品で効果が短いですが、髪の毛にダメージが少ないです。

※参考サイト:http://www.greendumptruck.com/